わたしたちについて

ヒストリー

PreXionは挑戦者マインドを忘れずに、
常に進化をし続ける企業です。

2007年に世界最速のデータ再構成時間を誇る“PreXion3D Elite”を開発し、その後、本格的なアメリカ市場への展開に向けて、“PreXion3D Excelsior”を2017年より販売開始。“PreXion3D Excelsior”は米国市場より“高画質”と“使いやすさ”への高い評価を受け、好調な販売実績をあげてきました。世界展開に向けて、10年間培って来たCBCT開発ノウハウを全て投入し、歯科治療においてあらゆる領域での対応を可能にしたPreXion3D EXPLORERシリーズを2019年より世界展開しています。

2021

独創的で機能的な形状の3D、パノラマ、セファロ インテグレーションモデル、PreXion3D EXPLORER PROを上市

2019

世界展開を見据えた機種、PreXion3D EXPLORERを上市
アメリカ市場に続き、欧州を始め、グローバル展開を進める

2017.1

アメリカ市場に自社開発・製造の歯科用CBCT新製品 PreXion3D Excelsiorを上市

2015.8

(株)エクストリリオンからプレキシオン(株)に社名変更

2015.2

BiOS (Biophotonics and Biomedical Optic Conference) 展示会にて光音響技術の発表

2014.11

船井電機(株)と医療用製品に関する連携を開始
世界初のLED光源を使用した光音響画像技術を発表

2013.5

アメリカ市場に新製品PreXion3D Eclipseを上市

2007.9

アメリカ法人テラリコン(TeraRecon)社の医療用/工業用CT開発部門のスピンオフにより株式会社エクストリリオン(Xtrillion)設立