PreXion3D EXPLORER

市場で最大級のFOV(Field of View)を備えたPreXion3D EXPLORERは、頭蓋のすべての重要な解剖学的構造を詳細に解析できます。とりわけ、口腔外科、顎顔面外科ならびにENT治療において、広範な空間画像分析は、最良の治療オプションの提供を可能にしています。

北米と欧州の展開

PreXion3D EXPLORERは、2019年に欧州市場にリリースされました。PreXion3D EXPLORERの強力なシステムコンポーネントは、正確な3Dイメージング、大きなFOV、低被爆量により信頼性の高い診断診察を可能にしています。歯周病、歯内療法、インプラント、歯列矯正、顎顔面外科などの幅広い症例をカバーしており、歯科治療デジタルワークフローの中で重要なポジションを担っています。PreXion3D EXPLORERは歯科医師にとって適切なパートナーであり強力な味方です。

PreXion3D EXPLORER 仕様
販売地域米国/欧州
販売製品名PreXion3D EXPLORER
デバイスタイプCBCT+2Dパノラマ
FOV50 x 50mm, 100 x 100mm, 100 x 80mm, 150 x 160mm
センサーFPD
X線管焦点0.3mm
管電圧90-110kV
管電流1-5mA
ボクセルサイズ74μm
ボリュームサイズ
患者様ポジション立位, 座位, 車椅子対応
重量185kg
高速スキャン
標準撮影モード10秒
高精細撮影モード18秒
簡易撮影モード20秒
パノラマ標準撮影モード14秒
パノラマTMJ2撮影モード4x2秒
セファロLA撮影モード0.2秒
セファロPA撮影モード0.2秒
PreXion3D EXPLORER
カタログダウンロード

PreXion3D EXPLORERの販売は、米国および欧州のみ展開しています。日本国内での販売は行なっておりません。

DOWNROAD